Q & A
​むし歯はどうしてできるの?
​ むし歯ができるのには3つの要素が関係しています。
​① 糖質
​② 抵抗力
​③ むし歯菌
​糖質
​(食生活)
抵抗力
(歯質・唾液)
むし歯菌
(歯の汚れ)
​どんな歯ブラシを使えばいいの?
​ お子さんの口腔内に合った大きさの歯ブラシを使用しましょう。市販されている歯ブラシにも対象年齢が表記されている事が多いですが、同じ年齢でもお口の大きさは人それぞれです。年齢ではなく、歯ブラシの大きさを見て購入することをお勧めします。
​○ 毛の長さ・太さが均一、ヘッド部分が小さめのもの
​× 毛がギザギザや極細、段差があるもの
​フロスってなに?
 フロス (糸ようじ) は歯と歯の間を掃除するものです。歯と歯の間には歯ブラシの毛が入っていかないので、フロスを通さないと歯垢がたまったままになり、そこからむし歯ができてしまいます。
​ フロスのもう1つの役割はむし歯の発見です。むし歯ができてくると、ざらつきやひっかかりが出てきます。歯と歯の間のむし歯は発見しにくいので、必ず使用しましょう。
 フロスにも様々な種類があります。歯ブラシの選び方なども含め、当院に掲示されているポスターもご覧ください。
​フッ素洗口って?
​お問い合わせ
(​準備中)
  • Twitter Social Icon